オーダースーツを注文してかっこ良く決めよう|きちんと着こなすコツ

着こなしに気をつける

眼鏡の男性

知っておくと良い情報についてを紹介します

20代のうちであれば知らないで済まされること、社会に出ていく中で30代40代になると20代の時のように知らないでは済まされないことが多くあります。その中の1つが、和服の着こなしです。浴衣の着方や、また日本の伝統的な下着である6尺ふんどし等の締め方は必ず20代のうちにマスターしておいた方が良いでしょう。なので、あなたの20代メンズファッション中にたまには和服を取り入れて欲しいと思うのです。和服の着こなし方を知っておけばいざというときにさっと浴衣を着たり、ふんどしを締めたりすることができ、とてもかっこよく見えます。インターネットなどでも着用の仕方というものは載っていますのでぜひ参考にしてみてはどうでしょうか。まずは20代メンズファッション中で取り入れて調整してみて楽しむということが大切です。

飲み屋で先輩に色々と教わるのが良い

20代メンズファッションで最近とても流行しているのが、浴衣和服を着るということです。既にスーツを着て働いていらっしゃる方はわかると思いますが、スーツというのは何年か着ていないと着こなすことができないと言われています。しっくり体にフィットしないのです。それと同様に和服というものもある程度着ていないとかっこよく着こなすことができません。ですので、20代メンズファッションの一部に和服を取り入れて今のうちから着こなせるようにしておくと良いでしょう。飲み屋で先輩に習うというのは良く、また和服の下にはほとんどの場合が六尺ふんどし等を締めることが多いです。これをしっかりと締める事はなかなか難しいのですが、最近では飲み屋などのイベントで六尺ふんどし1つで飲むというものがありますのでそのような機会を利用して先輩たちに締め方を習うというのが良いでしょう。このような工夫をすることで交友関係も広がりますし、六尺の締め方も学べるというメリットがあります。