オーダースーツを注文してかっこ良く決めよう|きちんと着こなすコツ

作る際の注意点

メンズ

スーツには既製品の他にもオーダーメイドで作ってもらえるタイプのものもあります。オーダースーツを依頼することで自分の体にフィットするため多くの人が利用しているのです。作る際には注意すべき点があるため気をつけましょう。

もっと見る

最近の動向について

男の人

30代メンズファッションを楽しむためには、最近のファッションの動向について知っておくとよいでしょう。動向を知っておくことで、流行りのものをいち早くファッションにとり入れることができるのです。

もっと見る

体に合ったスーツ

スーツの人

既成品では満足しない世代

日本人のほとんどは給与受給者、つまりサラリーマンです。そして、その多くがホワイトカラー。つまり事務系の仕事に従事していますので、スーツ着用率が高いのです。東京の女性社員の場合は制服でも、男性社員は普通のスーツというパターンも多いです。このように東京では月曜日から金曜日まで毎日スーツを着用するわけですから、傷みも激しく、つい既製品で間に合わせがちです。ダメになったら捨てて、新しく買う。こんな利用法が一般的でした。しかし、最近の若い人にはオーダースーツ利用者が増えてきているとの雑誌記事を見ました。彼らに言わせると、毎日着るものだからこそ妥協はしたくないのだそうです。なるほど、スーツを単なる消耗品と捉えていた世代から考え方が変わりつつあるのですね。

着続けるには体格維持が必要

オーダースーツは採寸時の体格に合わせて作られます。だからこそ、フィット感が既成品とはまるで違うのです。オーダースーツを着ていてると背筋がピンと張ってくる感覚さえします。このぴったりフィット感を維持するためには採寸時の体型を維持しなくてはなりません。お腹が出たりすると、ズボンは全く入らなくなります。無理に着用していると、通勤途中でおしりの部分がビリっと破けたりする場合も。オーダースーツを着るにはある程度の努力が必要です。しかし、この努力がかえって健康維持につながるので良いことかも知れません。お腹が出ないように運動する。間食と飲酒を適度に控える。オーダースーツを心地よく着用し続けるには、これらの行動が必要になりますので、結果的に健康も維持できる可能性も高いのです。

着こなしに気をつける

眼鏡の男性

日本人は洋服の他にも和服を着る機会があります。しかし、和服を着こなすにもきちんとしたマナーがあるため、きちんと知っておくことが大切です。そうすることでいざという時にかっこ良く着こなすことができます。

もっと見る